• 2021年9月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  

    27日(月)
    小児・成人矯正無料相談日
    および治療日
    土曜日の診療時間は
    9:00〜13:00、14:30〜17:30となります。
    5日(日)、19日(日)は9:00〜14:00までの診療となります。
    20日(月・祝)、23日(木・祝)は祝日のため休診となります。

  • 大和市,歯科,Mobilesite
  • 大和市,歯科,QRコード
  • QRコードを読み込んで表示されたURLにアクセスして下さい。

インプラント

歯を失ってしまった方・・・

事故やムシ歯・歯周病などの歯科疾患で歯を失ってしまった方へ・・・
インプラント治療(人工歯根)

人は永久歯を失うと、残念ながら二度と生え変わってきません。
そのため、今までは『義歯(入れ歯)』などを用いて食事や会話を取り戻すといった方法でしか、その部分を補う事はできませんでした。

しかし、『義歯(入れ歯)』だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタガタいってきたりする場合があります。

このように、歯を失ってお悩みの方にご提供することができる、最新歯科医療の治療方法『インプラント治療(人工歯根)』です。

インプラント治療(人工歯根)の仕組み

失ってしまった自分の歯のかわりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。
固定性であるためにガタついたりせず、自分の歯のように若々しく力強く噛めるようになります。

失った部分にインプラントを埋入 総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療

歯を1本失ってしまったら・・・ 失った部分にインプラントを1本埋め込みます。
従来は、健全な両隣の歯を削ってから、ブリッジを用いて治療していました。
しかしインプラントを用いる事により、健全な歯を不必要に傷付けることなく治療を行えるようになります。

歯を何本か失ってしまったら・・・ 従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療をする事により入れ歯を固定するための金具やバネが無いため、見た目が美しく違和感を少なくする事が出来ます。


歯を全て失ってしまったら・・・ 従来の総入れ歯ではなく、インプラントを用いて治療します。
食べ物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなったり、もちろんずれたり浮いたりする事がありません。

料金

インプラント治療 インプラント埋入費用と材料費(税込み)
インプラント治療される方の多くは 380,000円/1歯です。
フィクスチャー(人工歯根)埋入手術 240,000円〜600,000円/1歯
上部構造物  140,000円〜250.000円 /1歯
カスタムアバットメント使用時 +55,000円/1歯

GBR(骨再生治療) インプラント埋入に際して、十分な骨量が確保されていないときに必要な治療。
治療範囲及び部位により費用が異なります。
骨再生技術料 55,000円〜165,000円
人工骨    25,000円(1〜2歯分)
メンブレン  25,000円(1〜2歯分)

インプラントメンテナンス費用 (3ヶ月〜6ヶ月毎推奨)(税込み)
片顎 5,500円
両顎 11,000円

スクリュー固定の場合、5年でスクリューを新しく致します。 (かみ合わせが強い方は3年でのスクリュー交換推奨)
スクリュー交換費用(スクリュー代含む) 11,000円/1歯

インプラント治療のメリット

インプラントは欠損部位に単独で歯を構築します。
ブリッジのように隣接する歯を削ったりしないので健康な歯を傷めずに済みます。
またブリッジや入れ歯で起こる他の歯への咬合力の負担を防ぐことができます。
顎の骨が痩せるのを防ぎます。
歯根がなくなると周囲の骨は吸収し、痩せてしまいます。
装着する歯の見た目が良いです。
インプラントの上部構造には審美性の高い素材を使用することができ、天然歯に近い見た目に回復することが可能です。
安定性が失われた総入れ歯などを安定させるインプラント併用治療法もございます。

インプラント治療のデメリット

自由診療となります。
インプラント治療は保険では治療が行えません。治療内容によってはブリッジや入れ歯に比べると金銭的なご負担がかかってしまいます。術前のカウンセリングで費用やお支払い方法をご相談し、治療内容に把握された上でご検討いただいております。
手術治療となります。
インプラント治療は、顎骨に人工歯根を埋入する治療となります。痛みが出ないように麻酔を行いますが、ブリッジや入れ歯に比べると、お体へのご負担が大きくなります。 重度の全身疾患等お持ちの方は治療をお断りする場合があります。担当医にご相談くださいませ。
治療期間がブリッジや義歯に比べ長くなります。
お口の状態や治療部位などによって治療期間が異なります。通常は4〜6ヶ月程度です。
埋入した人工歯根が骨と十分に結合するのを待つ期間が必要となります。
メンテナンスの必要性
長く機能させるために定期的なインプラントの適切なメンテナンスを受ける必要があります。

インプラント手術における注意事項

前日は睡眠を十分にとり、体調を整えておいて下さい。
手術当日のクルマ、バイク、自転車の運転を控え、お付き添いの方に送り迎えしていただくか徒歩または公共交通機関などをお使いくださいませ。
手術前に抗生物質、痛み止めを飲んでいただきます。
手術当日から翌日の間は少し出血がありますが、歯ブラシ時のうがいなどは強く行わないようにしてください。
手術当日は血流を増す行為(飲酒、入浴、激しい運動)は避けてください。入浴はシャワー程度が良いでしょう。
術後は腫れや痛みが出たりすることがあります。冷やしたり、痛み止めを服用してください。
喫煙は、治癒に影響が出ます。術後は控えてください。
治療部位を舌で触らないようにしてください。感染や縫ってある糸がほどける可能があります。
術後のメンテナンスがインプラントの保証を受けるための条件となります。
その他、患者様のケースによってインプラント手術に関する注意事項は異なりますので、必ず担当の歯科医師に確認してください。